2017年04月17日

(英語で)デートをすっぽかした




【教育文法では英語が話せない】

4月になるとNHKの英語や英会話講座のバカ売れする。NHKもそれがわかっているので講座や講座本の宣伝をしている。私は、これを「講習利権」と呼んでいる。これは免許教習場で配られる講習本と同じだ。いったん「版」を作ったら,後は印刷するだけ。これを講習利権屋と私は呼んでいる。ちなみに英検のテキスト、教科書や副読本といったものも同じだ.
それでNHKのことだか、それで「英語が話せる」といっても、英語のセリフを丸暗記が「英語が話せる」というのであれば、私の出番はない。
例えば,NHKの基礎講座のコマシャルがあった。その教材を使ったグループが紹介されていた、彼らの中には取り組んで2年目の人もいると言う。彼らはWhere are you from?と誰かが問い、それに答えてI'm from Japan.などと答えていた。
英会話の学習というものはセリフを丸暗記することではない。少なくても日本人以外はそうとらえている。
こんな表現を学んだら、魚を見てWhere is this beef from?(この牛肉、どこ産なの?)、あるいは100ショップの商品に、
Where is this from?(どこ製なの?)と英語で聞けるのが国際水準だ。
さらにこの
英会話通信講座 STEP3の「イメトレ学習法」では以下のような表現展開へと進異なる。
  I have a girl from Canada. 私にはカナダから来た女の子がいる
  I know the girl from Canada.
 カナダから来た女の子を知っている
  The girl from Canada is very sexy. カナダから来た女の子はとてもセクシーだ
  Do you know the girl from Jaoan?  日本から来た女の子を知っていますか? 
  I have never had
the beef from China. 中国産の肉を食べたことがない
日本人はマインドコントロールされている。英会話はしょせんセリフの丸暗記だと。
しかしそうだろうか?
人を見て,牛肉を見て.製品を見て、From CanadaとかFrom abroad?などと英語で表現することから始めるべきだ。
さて、今回から進行形の学習となります。英語発想では単に動詞をing形動詞フレーズにして
be動詞系列の運用となるだけのこと。It is rainy.など表現できたら、
It is raining.と表現できる。英語はとても簡単だ.

「ファンクションメソッドオンライン講座


☆数日前に登録された方がおられ、「講座はどれから始めたらいいのか?」という問い合わせがありました。
もちろん、STEP1の「九九で覚える英会話」から始めて下さい、お答えしました。
そのために三つのブログで講座を展開しているのです。九九テーブルの音声が夢にて出てくるくらいトレーニングして下さい。もちろん、現在のブログもお読みになって刺激?としてください。



【今日の学習】

赤色に表記したフレーズを何度も繰り返して読みその意味を思い浮かべてください。言葉というものは、「意味ある単位」、つまりフレーズで意味が定着、蓄積するものです。
その後に「自由に英語を話すための最短学習プログラム」に進んでください。これが学校では教えてもらわなかった「英語のしくみ」を身につけるための英語脳構築トレーニングです。

あなたも所収全所収全2809の文例に約210分のネイティブの音声に、挑戦しませんか?!

standの動詞フレーズ

【POINT】
standは、元々「垂直に立つ」という意味ですが、垂直に立つことはむずかしく、その状態を保つということで、「耐える」とか「我慢する」という意味に拡大します。様々な動作、状態を保つということから、「(記録が)破られていない」とか、「(温度形が)示している、表している」「(預金残高が)残っている」などの意味となります。
またメタフォーとして、「がまんする、持ちこたえる、耐える」などに意味が展開します。
standは、stand by(10), stand for(7), stand out(7), stand up(10)などのTwo Word Verbsを作ります。
※( )内の数字は当教材所収の文例の数です。

今回はstand byをとりあげましたが、Stand by me.は確か映画の題名になっていましたね。
「そばに立っている」が「(人に)忠実だ、支持する」といった類推(メタフォー表現)へと転嫁しています。
つまり「スタンバイする」
こんな表現もあります。

  彼女のボーイフレンドは彼女とのデートをすっぽかした
   Her boyfriend stood her up.

「彼女を立たせておいてしまった」というわけです。

================================
[PART 1] stand by   KEY WORD 「傍ら」
================================
【POINT】
「そばに立つ、いる」
「(人に)忠実だ、支持する」
「(約束、決心、主義主張などを)守る」
「(準備して)開始を待つ、待機する」

[サクサク瞬間英作トレーニング]
(1) 用意!
     stand by
(2) この先、指示があるまで待機していてください
     stand by
(3) 私は彼らが虐待されるのを黙って見ていられない
   ● see+人+ed形動詞フレーズ 「人が〜されるのを見る」
     stand by
(4) 彼はそばにいたが、私を手伝おうとは言ってもくれなかった
   ● He did not even +原形動詞フレーズ 「彼は〜さえしなかった」
   * offer to +原形動詞フレーズ 「〜することを申し出る」
     stand by


[解答]
(1) Stand by.
(2) Please stand by for further directions.
(3) I can't stand by and see them ill-treated.
(4) He stood by and did not even offer to help me.

  サクサク瞬間英作トレーニング62動詞編PDF版より抜粋

  ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞HTML版 サンプル

 自由に英語を話すための最短学習プログラム 一般動詞フレーズの文の生産
stand by one's friends in difficult timesstanding by one's friends in difficult timesstood by one's friends in difficult times
@ 現在形動詞フレーズA 過去形動詞フレーズ
stand(s) by one's friends in difficult timesstood by one's friends in difficult times
B 原形動詞フレーズ C ing形動詞フレーズ D ed形動詞フレーズ
一般動詞5段活用 VO感覚(動詞+目的語)人が困っている時に援助する

※実際のプログラムを省略しています。ご了承ください。
[1] 現在形動詞フレーズ (現在の事実・習慣を表す) 
  She always stand by her friends in difficult times.
  彼女は,いつも友だちが困っている時に援助します
[2] 過去形動詞フレーズ (過去の一時点の行為) 
  She always stood by her friends in difficult times.
  彼女は,いつも友だちが困っている時に援助しました
[3] 原形動詞フレーズ (頭に思い浮かべたひとまとまりの行為) 
  We should stand by our friends in difficult times.
  私たちは,友だちが困っている時に援助するべきです
[4] ing形動詞フレーズ (頭に思い思い浮かべた継続的な行為) 進行形
  We are standing by our friends in difficult times.
  私たちは,今友だちが困っている時に援助(スタンバイ)しています
[5] ed形動詞フレーズ (頭に思い浮かべた過去の行為)
  She has never stood by her friends in difficult times.
  彼女は,一度も友だちが困っている時に援助しませんでした

簡単にこのような表現展開ができることが,英語脳構築です。
  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」音声解説付きプロモーション

スポンサードリンク



[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by 英語脳 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [1] run. stand. wait | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック