2017年03月14日

(英語で)どうしてこんな誤解が生じたのですか?





● 実際に使える語彙力を増すHolistic Approachとは

ネイティブの子供たちは幼い頃からことばをフレーズとして蓄えていきます。一方私たちは彼らと同じ体験をすることは不可能です。
Holistic Approachは、これは部分部分ではなく全体的にとらえるアプローチのことです。この教材はそれに基づいて製作されていますが、これは日本語の発想か らではなく、英語の発想で英語をとらえるといういわば当たり前のことを可能にします。これによって、日本語の発想からではなく、英語の発想で「よく働く動 詞」の守備範囲と応用範囲をしっかりと身につけることができます。
「ことば」の学習というものは、なるべく多くの用例を体験し、それによって自分なりのイメージを作り上げる作業が何より大切です。これによっていつの間に か、日本語が消え、知らず知らずの間に英語の発想を身につけている自分を発見することができることになります

【今日の学習】

赤色に表記したフレーズを何度も繰り返して読みその意味を思い浮かべてください。言葉というものは、「意味ある単位」、つまりフレーズで意味が定着、蓄積するものです。
その後に「自由に英語を話すための最短学習プログラム」に進んでください。これが学校では教えてもらわなかった「英語のしくみ」を身につけるための英語脳構築トレーニングです。

あなたも所収全所収全2809の文例に約210分のネイティブの音声に、挑戦しませんか?!

bringの動詞フレーズ

【POINT】
bringの本質的な意味は、話し相手の眼のほうへ向かって、主体(人・物・事)が、あるもの(人・物・事)を持ってくることです。

一方、take が「連れて行く、持って行く」ということで、takeの反意語となります。またこれはcomeとgoの関係と同じだとも言えます。
bringは、自分のところへ人や物を運んで「来る」が中心的な意味で、「運び込む」感じが強いです。
comeと同じく、話をしている相手の所へ何かを「持って行く」「連れて行く」の意味もありますが、これも、相手を中心に考えると、相手のところへ「持ってくる」「連れてくる」にもなります。
【反意語】 take
  bringは、come carrying something (何かを持ってくる)
  takeは、go carrying something (何かを持って行く)

したがって、Bring your child.(子供さんを連れてきなさい)といわれた場合、相手方に連れて行くことことはわかりますが、Take your child.(子供さんを連れて行きなさい)では目的地が無数にあるので、例えば、Take your child to school.(子供さんを学校に連れて行きなさい)とか、Take your child with you.(あなたと一緒に子供さんを連れて行きなさい)などと表現しないと十分伝わりません。

bringは、bring about(5), bring in(7), bring off(4), bring on(6), bring out(6), bring to(10), bring up(10)などのTWO WORD VERBSを作ります。
※ ( )内の数字は当教材に所収された用例の数です。

[PART 1] bring about   KEY WORD 「周囲」
【POINT】
「起こさせる」「もたらす」

[サクサク瞬間英作トレーニング]
(1) それが両国の和解をもたらした
   * betweenは、「二者間」を表す。
     bring about a reconciliation
(2) 私たちは目的を達っしなければならない
   ● We have to+原形動詞フレーズ 「私たちは〜しなければならない」
     bring about our purpose
(4) 科学知識の普及が高度先端技術社会をもたらした
     bring about a high-tech society
(5) どうしてこんな誤解が生じたのですか?
   ● What has +ed形動詞フレーズ?「何が〜したか?」
     bring about this misunderstanding


[解答]
(1) It brought about a reconciliation between the two countries.
(2) We have to bring about our purpose.
(4) The spread of scientific knowledge has brought about a high-tech society.
(5) What has brought about this misunderstanding?

  以上の記事は「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版」から引用しています.

  サクサク瞬間英作トレーニング62動詞編PDF版より抜粋

  ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞HTML版 サンプル

 自由に英語を話すための最短学習プログラム 一般動詞フレーズの文の生産
bring about one's purposebringing about one's purposebrought about one's purpose
@ 現在形動詞フレーズA 過去形動詞フレーズ
bring(s) about one's purposebrought about one's purpose
B 原形動詞フレーズ C ing形動詞フレーズ D ed形動詞フレーズ
一般動詞5段活用 VOC感覚聞を持ってくる

※実際のプログラムを省略しています。ご了承ください。
[1] 現在形動詞フレーズ (現在の事実・習慣を表す)
  We bring about our purpose.
  私たちは、(ふだん)目的を達成しています 
[2] 過去形動詞フレーズ (過去の一時点の行為) 
  We brought about our purpose.
  私たちは、目的を達成しました
[3] 原形動詞フレーズ (頭に思い浮かべたひとまとまりの行為) 
  We will brought about our purpose.
  私たちは、目的を達成するつもりです
[4] ing形動詞フレーズ (頭に思い思い浮かべた継続的な行為) 
  We are bringing about our purpose.
  私たちは、(今)目的を達成しようとしています
[5] ed形動詞フレーズ (頭に思い浮かべた過去の行為)
  We have just bringing about our purpose.
  私たちは、ちょうど目的を達成しました

簡単にこのような表現展開ができることが,英語脳構築です。
  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」音声解説付きプロモーション

○新副教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材(音声付き解説全15時間動画)
すべの動画はU-Tubeの限定公開にて閲覧できます。

オンライン受講の方にはすべての動画を公開としています。

 https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=97715971


教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」は以下の教材を購入された方に閲覧していただけます。

 ◉ ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞(HTML版)
 ◉ ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ コミニカ中学英語 Aセット
 ◉ コミニカ中学英語団体使用
 ◉ コミニカ中学英語Bセット
 ◉ ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5
 ◉ 英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版
 ◉ ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版


スポンサードリンク



[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会

スポンサードリンク
posted by 英語脳 at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | [1] bring , carry, pick | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447907712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック