2017年05月17日

(英語で)ひょっこりやってきた





【日本人が英語を話せない理由はたった1つ、それは教育文法にある】

英会話の学習において,私たち日本人と,やはり非英語圏の中国,インドなど人たちとまったく異なることがあります。
私たちはひとつの文を主語、動詞部,目的語などと分析したり,基本文を覚えて具体的な場面に応じて単語を入れ替えて表現しようとするのが普通です。
しかしとっさにそんなことができるはずはないので、「四六時中英語を聞いていたら、いつしか英語が口から飛び出る」といった教材に頼る人は多いと言われています。
一方非英語圏の中国,インドなど人たちは、動詞フレーズを覚えて具体的な場面に応じてそれにファンクションフレーズをつけて表現しようとします。
ファンクションフレーズと動詞フレーズを別個に暗記し,それを定着・蓄積していく、これが、これが国際水準です。

【今日の学習】

赤色に表記したフレーズを何度も繰り返して読みその意味を思い浮かべてください。言葉というものは、「意味ある単位」、つまりフレーズで意味が定着、蓄積するものです。
その後に「自由に英語を話すための最短学習プログラム」に進んでください。これが学校では教えてもらわなかった「英語のしくみ」を身につけるための英語脳構築トレーニングです。

あなたも所収全所収全2809の文例に約210分のネイティブの音声に、挑戦しませんか?!

blowの動詞フレーズ
【POINT】
blowの意味は、「吹きつける」ということで、空気が勢いよく吹きつけることです。この場合、吹きつけるのが空気だから、吹きつけられた対象には位置の移動が起こります。
「吹き飛ぶ」とか「揺れる」といった意味はこのことから生じますが、普通はこの対象が壊れることはありません。
「空気を送る、吹き飛ばす、(サイレン、警笛を、管楽器を鳴らす」、あるいは「ほらを吹く」「ヒューズがとぶ」「パンクする」「自慢する」といった意味にも展開します。
→blowは名詞として使われる場合。「強風、ひと吹きの風」の他に、「(こぶしなどによる)一撃」、「(精神的)打撃けの意味で用いられます。

  He gave her a blow. (彼は彼女を殴った)
  The news was a great blow to her.
  (その知らせは彼女に大きな(精神的)打撃を与えた)

blowは、blow in[into] (8), blow out(8), blow over(6), blow up(10)といったTwo Word Verbsを作ります。今回はその中から以下のものをとりあげました。
==============================
[PART 1] blow in   KEY WORD 「範囲内」 
==============================
【POINT】
「期待していないときにちょっと立ち寄る、ひょっこり立ち寄る」
つまり「風が舞い込むように範囲内の状態になる」ということです。
それなら「範囲外」を表す outを使うとblow outは「「(火、炎を)吹いて消す」といったことになりますね。

[サクサク瞬間英作トレーニング]
教材には8文例が所収されてます。
(1) ジャックがひょっこりやってきた
     blow in
(2) 彼女が昨夜ひょっこり現れました
     blow in
(3) 砂ぼこりがすき間から舞い込んだ
   * throughは、「貫通」の意味。
     blow in
(6) 若い女性が私の事務所にひょっこり現れた
     blow into my office


[解答]
(1) Jack blew in.
(2) She blew in last night.
(3) Dust blew in through the cracks.
(6) A young woman blew into my office.

  サクサク瞬間英作トレーニング62動詞編PDF版より抜粋

  ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞HTML版 サンプル

 自由に英語を話すための最短学習プログラム 一般動詞フレーズの文の生産
blow inblowing inblown in
@ 現在形動詞フレーズA 過去形動詞フレーズ
blow(s) inblew in
B 原形動詞フレーズ C ing形動詞フレーズ D ed形動詞フレーズ
一般動詞5段活用 VO感覚(動詞+目的語)ひょっこりやってくる

@ 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  She sometimesblows in.
  彼女は時々、ひょっこりやってきます
A 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  She sometimesblew in.
  彼女は時々、ひょっこりやってきました
B 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す]
  She will blow in.
  彼女は時々、ひょっこりやってくるでしょう
  She may blow in.
  彼女は時々、ひょっこりやってくるかも
C ing形動詞フレーズ 「未来の事実・継続的な意味などを表す] 
D ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  She has just blown in.
  彼女はちょうど、ひょっこりやってきました

簡単にこのような表現展開ができることが,英語脳構築です。
  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」音声解説付きプロモーション


ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

スポンサードリンク

[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by 英語脳 at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [1] drop, fall, blow | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。